スポーツクラブの現場

ネットワークを利用いただいている方々が

安全に運動を継続いただくために、

認定トレーナーの方々も各々の連携スポーツクラブで、

観察方法のアップデートに余念がありません。

 

  

コメント